新築の間接照明で失敗しない方法!


新築の間接照明で失敗しない方法

新築を建てるときはおしゃれな照明設計にこだわりたいものです

部屋の真ん中に従来からあるシーリング照明をつけるだけでは、もったいありません

間接照明をうまく使い部屋を演出できれば個性ある

こだわりの部屋を作ることができます

個性豊かな部屋を作り上げるにはどのように間接照明を配置すれば良いのでしょうか

間接照明の種類と特性

間接照明は部屋全体を照らす主照明とは違い

用途や場所に合わせ選ぶ必要があります

間接照明に使える照明器具は色々な種類があります

失敗しないためには数多くある照明器具の特性を理解し

それにあった間接照明を選ぶことが大切です

間接照明は部屋全体を照らすのではなく

部分的に照らすように配置するのを意識します

オブジェクトやかべだけなど、見せたいものを演出することを意識することや

暗いところと明るいところのメリハリを作ることが大切です

間接照明で使うダウンライト

通常のダウンライト

通常のダウンライトを壁際に設置することによって

間接照明として利用することができます

壁に当たって反射光を利用して部屋の中をぼんやりと明るくします

ウォールウォッシャーダウンライト

ウォールウォッシャータイプのダウンライトを用いれば

形はダウンライトのままで照らしたい方向を変えられるので

模様替えなどの際にも重宝します

廊下や玄関の壁に設置された絵画などを照らすのにも向いています

ピンホールダウンライト

ピンホールダウンライトなどを用いれば

天井から下に向かってビームのような光線を出すことができます

照明器具で照らす場所は限られてしまうため、早い段階からの完成までのイメージや

照らしたいオブジェクトの配置などを考えておく必要があります

住宅用の照明器具としてはあまり用いられませんが

店舗用照明カタログなどに記載されています

店舗用照明器具の中から選ぶ場合断熱材施工非対応の

照明器具が多く含まれるので注意が必要です

主に花瓶のようなオブジェクトを

お店のショーウィンドウのように照らすことができます

間接照明で使うスポットライト

スポットライトは向きを自由に可変できます

テーブルを照らしたり壁を照らしたりダウンライトに比べ自由度が高いです

好みにもよりますが器具自体は露出するので部屋内をすっきりさせたい場合は

埋め込みタイプを選びましょう

スポットライトと共にライティングレールなどを用いると

取り付ける位置そのものを移動できるので

より自由度が高まります

LED 一体型と電球型などがあり

電球型であれば電球を後でも交換することが可能です

吹き抜けなどの天井を照らすのにも向いています

ハロゲンスポットライト

スポットライトの中でもハロゲンライト球を用いたものであれば

ハロゲンライトの球の種類を細かく選ぶことができます

ハロゲンライトは広域角、中広角、挟角などから選べ

照明器具での演出の幅を広げることができます

広域角ハロゲンライトは壁全体を照らし、挟角ハロゲンライトは細いラインを描きながら壁を照らすことができます

間接照明で使うライン照明

ライン照明

住宅内に常設される家具の上やテレビなどの裏、トラフなどに設置すると

壁や天井を演出することができます

設置する器具本体を隠し、光源を見えないように設置する必要があります

主に下から上に向かって幅広く壁や天井を照らすのに向いています

テープライト照明

ライン照明と同じような用途で使うことができます

ライン照明に比べテープでできているため可変的に設置することができます

両面テープで簡単に取り付けできるものもあります

12Vの製品が多く、コンセントより先は工事免許を必要としません

入り組んでいる場所への設置や、ライン照明では光源が隠しきれないような狭い場所

などに用います

主に店舗などのバーカウンターやボトルなどが並べられている棚などを

演出するときに用いられます

ライン照明に比べ明るさの広がりは少なくなります

住宅内でのテープライトの応用

ウォークインクローゼットの2段目

クローゼットの中に照明器具があったとしても

棚の2段目の下などは暗くなりがちです

センサーに連動させておいたコンセントをクローゼットの棚

2段目の下あたりに設置しておき

100Vの電源を12v に変換してくれるアダプターを設置し

テープライトと接続すれば、ピンポイントで暗くなるところを照らすことができます

キッチンの袴(はかま)

アイランドキッチンの高級機種にはキッチンの足元の方に

照明器具が設置されていて

お店のように照らしてくれるキッチンにあります

そのような機能の付いたキッチンは、値段的にもかなり高いものが多いです

通常のキッチンでもキッチンの内部にスイッチの効いたコンセントを一つ作っておき

クローゼットと同じくアダプターとテープライトでキッチンの下の方を

照らすことができます

玄関の框(かまち)

玄関には土間と床の間に段差があると思います

框と呼ばれますが、框の作りかたによってはテープライトを光源が見えないように

設置することもできます

通常のブラケット照明

通常のブラケット照明も間接照明として役立ちます

壁や天井を照らすのに効果的です

ブラケット照明器具はそのものがオブジェクトとなるので

住宅全体のコンセプトに合ったものを、選ぶ必要があります

意外とホコリがたまりやすいので、マメに掃除をしましょう

主照明器具との使い分け

間接照明は一部分をぼんやりと照らすのに向いています

それに比べて主照明器具は部屋全体を照らすことに向いています

新築などの場合間接照明の配置を考えながら

部屋全体を照らす主照明の配置を考えましょう

間接照明だけで部屋全体を明るくするように計画するのではなく

主照明を消した状態で、間接照明だけをつけることをイメージし

配置することが失敗しないためにも重要です

調光器をつけておく

光の加減は壁紙の色部屋の大きさ高さなどによって

明るさは大きく違ってしまいます

照明器具に記載されているワット数やルーメンでは、完成がイメージできない場合

調光器をつけておき、後で細かく設定できるようにしておきましょう

リビングなど大きな部屋では、調光器をたくさん設置することになります

そのような場合では、シーンライトコントローラースイッチなどを設置し

ライフスタイルに合ったシーンを演出しましょう

寝室でのライトコントローラを使った提案はこちら

照明で寝室をおしゃれに演出する方法

面倒で点灯しなくなる

長年生活していると主照明器具だけの生活に慣れてしまい

間接照明のスイッチを入れる機会が、減ってくる場合があります

そのようなことにならないように

住宅内で廊下や玄関などを通過するだけの場所に、間接照明を設置する時には

センサースイッチを併用しましょう

玄関や廊下に侵入した際にセンサースイッチが反応し

自動で間接照明だけ点灯するように設計しておくと

自動で間接照明に照らされた生活を送ることができます

玄関や廊下で夜間に作業することなども考え

普段は使わない主照明器具も設置しておくと失敗しません

新築での間接照明で失敗しないためには

・照明器具の特性を理解する

・適切な配置をする

・調光器やコントローラーを利用する

・主照明器具と分けて設置する

ことを意識してみましょう

#設計 #演出 #住宅 #電気 #光 #照明器具

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

    SINWA

           DENKI

    ​電気設備総合

    有限会社進和電気

    ​since 1982

    Shinwa erectrical construction.co.,ltd.

    ​千葉県千葉市若葉区御成台3-13-10

    • Facebook Social Icon