新築の間接照明で失敗しない方法!


間接照明

新築の間接照明で失敗しない方法

新築を建てるときはおしゃれな照明設計にこだわりたいものです

部屋の真ん中に従来からあるシーリング照明をつけるだけでは、もったいありません

間接照明をうまく使い部屋を演出できれば個性ある

こだわりの部屋を作ることができます

個性豊かな部屋を作り上げるにはどのように間接照明を配置すれば良いのでしょうか

間接照明の種類と特性

間接照明は部屋全体を照らす主照明とは違い

用途や場所に合わせ選ぶ必要があります

間接照明に使える照明器具は色々な種類があります

失敗しないためには数多くある照明器具の特性を理解し

それにあった間接照明を選ぶことが大切です

間接照明は部屋全体を照らすのではなく

部分的に照らすように配置するのを意識します

オブジェクトやかべだけなど、見せたいものを演出することを意識することや

暗いところと明るいところのメリハリを作ることが大切です

間接照明で使うダウンライト

通常のダウンライト

通常のダウンライトを壁際に設置することによって

間接照明として利用することができます

壁に当たって反射光を利用して部屋の中をぼんやりと明るくします

ウォールウォッシャーダウンライト

ウォールウォッシャータイプのダウンライトを用いれば

形はダウンライトのままで照らしたい方向を変えられるので

模様替えなどの際にも重宝します

廊下や玄関の壁に設置された絵画などを照らすのにも向いています

ピンホールダウンライト

ピンホールダウンライトなどを用いれば

天井から下に向かってビームのような光線を出すことができます

照明器具で照らす場所は限られてしまうため、早い段階からの完成までのイメージや

照らしたいオブジェクトの配置などを考えておく必要があります

住宅用の照明器具としてはあまり用いられませんが

店舗用照明カタログなどに記載されています

店舗用照明器具の中から選ぶ場合断熱材施工非対応の

照明器具が多く含まれるので注意が必要です

主に花瓶のようなオブジェクトを

お店のショーウィンドウのように照らすことができます

間接照明 スポット

間接照明