コンセントカバーの外し方!おしゃれなものに交換しよう!


コンセントカバーの外し方

パナソニック WTF1502HK+WTX8003S-14C

コンセントカバーの外し方!おしゃれなものに交換しよう!

住宅内に取り付けられているコンセントには

カバープレートが取付られています

他にも住宅で使われる電気設備スイッチなどにも

カバープレートは取り付けてあります

コンセントカバープレートのサイズには1連や2連など様々な種類があります

これらの取り外しや取り付け方は、基本的には同じです

これらを取り外すことができれば、新しいリニューアルカバープレートや

赤ちゃんの感電防止用のカバープレートを取り付けることができます

スイッチカバーの交換はこちらをご覧ください

スイッチカバーの外し方!おしゃれに交換しよう

コンセントカバープレートの構成

カバープレートには 1枚で構成されているものと

表面プレートとベースプレートで構成されているものがあります

確認する方法は正面から見て、ネジが見えていれば 1枚で構成されているもの

ネジが見えていなければ、表面プレートとベースプレートの2枚で

構成されているものです

下記では2枚で構成されているプレートの取り外し方をご紹介します

コンセントカバーの外し方

取り外しの準備

2号のマイナスドライバーとプラスドライバーを用意しておきましょう

マイナスドライバーがない場合は、プラスドライバーだけでも外すことは可能です

マイナスドライバーで取外しをする

カバープレートには、簡単に取り外せるように溝が取り付けてあります

ちょうど 一般的によく使われる、2号のマイナスドライバーが入る大きさです

テコの原理を利用して、簡単に取り外すことができます

製造メーカーにもよりますが、多くの場合カバープレートの下側に

溝が取り付けてある場合が多いです

コンセントカバーの外し方

取り外す手順

右利きの場合

溝がある場所を確認する

下側に取り付けてある場