センサースイッチはどこにつける!?住宅で便利な設置場所11選!


センサースイッチは何処

センサースイッチはどこにつける!?住宅で便利な設置場所11選!

日々生活を送る住宅で人々は人生に何回スイッチをオンオフするのでしょうか

一人の人が玄関の照明だけでもオンオフで、1日2回スイッチを操作したとします

1年間に300日外出するとして600回スイッチを触ります

10年間だと6000回、住宅を購入してから40年では24000回も操作します

家族が四人ならば4倍の48000回です

もちろんこれは玄関のスイッチだけです

住宅には他にも様々なスイッチがあります

そう考えると人は人生で何回スイッチを押し続けることになるのかと

考えさせられます

スイッチを押し続けると言う行動を、労務として考えると

センサーを住宅に取り付ける事による対価効果は

決して高価なものではないと思います

スイッチを操作し続けるよりも、センサーを取り付けた生活の方が

対価効果は大きいのではないでしょうか

「消したい時にすぐ消えないので電気代がもったいない」

と考える方もいらっしゃるかもしれません

しかしセンサーは自動でオフにしてくれます

これは電気の消し忘れによる無駄な消費電力を抑えてくれます

「消し忘れて一日中つけっぱなしだった」なんてことはなくなるのです

また「スイッチ消したかな」何ていう心配もなく

もう一度確認しに行くなんてこともありません

一番落ち着ける家の中で「スイッチを消し忘れたかも」

などの不安から解放されます

そんな便利なセンサースイッチ、住宅内ではどこにつけるのが最適なのでしょうか

新築やリフォームをお考えの方などは、センサーを設置するべきかどうか

もう一度考えてみてはいかがでしょうか

センサー取り付け位置

住宅のセンサー設置場所

玄関

住宅内では導線であり常に人が居続ける場所ではありません

そのため通り過ぎるだけのスイッチ操作となるためセンサーの設置は効果的です

夜間では玄関からの侵入者をセンサーに連動した照明器具が突然点灯すれば

威嚇する効果があり防犯面でもかなり効果的です

玄関には床と土間の境には段差があります

転倒などを防止するためにも自動で照明を点灯させるセンサーは効果的です

買い物帰りの時などは両手がふさがってる時などもあり

手を使わずに照明が点灯するのはとっても便利です

玄関は訪問者に1番見られる機会が多い場所です

主照明とは別にピンホールダウンライトなどの間接照明だけを

センサーで点灯させることによって訪問者への照明演出ができます

廊下

部屋と部屋を結ぶ通路であり人が居続けることはありません

センサーを付ければ夜間就寝中にトイレに起きて

「寝ぼけてて廊下のスイッチ消し忘れて一晩中つけっぱなしだった」