身近な相対性

相対性理論

天才物理学者アインシュタインが説いた

世の中を構成するある1つの法則

相対性理論

相対性と聞くと何だか難しそうと

思われるかも知れません。

しかし、それは、ごく身近な

私達の生活の中に溢れています。

今回は、ごく身近な相対性についての

お話です。

観測点と運動

私は、都内まで出かける際、電車に乗りました

ふと・・・周りを見渡すと

高校生Aさんと、その友達が電車に乗っていました。

他にも乗客は何人か乗っているようです。

Aさん達は、椅子には座らず

電車内の通路で、立ったまま談笑していました。

電車が停車する駅のホームに差し掛かった時

Aさんは、ポーンと軽くジャンプしました

そんな高校生Aさんのジャンプは、私が見たところ

1秒間で30CM 垂直に飛び、着地した ようです。

私と同じ車両に乗っていた、乗客も皆それを

見ていました。

ジャンプして上方向に30CM上昇し

頂点に達して重力落下で30CM下降する

彼は、1秒間に60CM移動したということです。

これは、私を含め乗客皆が1秒間で目にした

事実です。

電車は、駅に到着します。

ホームには、人が数人います。

ホームに居る彼らも

動いている電車の中にいる

Aさんを見ていました。

ホームにいた人たちは、口をそろえて

こう言います。

Aさんは垂直ジャンプでは無く放物線を描いて

5mは移動してるよ・・・と

私は思った・・・確かにそうである。

電車は、移動しているので、Y軸の上下ベクトル

だけでは無く、車両が前進している為

X軸ベクトル運動が働いているのである

ホームにいた人たちにとっては、1秒間でおきた

放物線運動はまぎれもない事実なのである。

宇宙からの景色

宇宙飛行船は、宇宙空間で停止している

ここで言う停止は、太陽と同期した状態とする

そこにいる宇宙飛行士は

地球が秒速360Mで自転し、太陽の周りを公転している動きを観測している

ちょうどその時、その宇宙飛行士が私と電車の出来事

を宇宙空間から眺めていた。

彼は言う、Aさんの動きは、垂直ジャンプでも

5Mの放物線運動でもないよ