アンテナはどこにつける?取り付け場所選びや設備の種類


テレビをみるには?

アンテナはどこにつける?取り付け場所選びや設備の種類

テレビをみるには、色々な方法があります。

新築時や、建て替え時などで、アンテナをどうしようかと

お悩みの方が多い様なので、アンテナについて考察してみます。

視聴方法の種類

テレビをみるには、以下のような代表的な方法があります。

・建物にアンテナを設置する

・ケーブルテレビ会社と契約する

・光回線でテレビを視聴する

今回は、建物にアンテナを設置する場合について書いていきます。

建物にアンテナを設置する

従来の方法では、屋根上にポールを建ててアンテナを設置

するのが、一般的でした。

近年では、壁付けタイプのアンテナが主流となっています。

従来品に比べ、見た目、意匠性に優れ、風などの影響を受けづらく

なっており、新しく設置される方にはお勧めです。

従来品と比べ、気をつけないといけないのは

向きが限られるところです。

屋根上ポールに設置する場合は、360°どちらの方向にも向けられるのですが

壁タイプでは、外壁に取り付けるので

設置位置が限られてしまいます。

では、どの位置に設置すれば良いのでしょうか。

壁付アンテナ設置の位置

アンテナは、電波を受信する設備です。

ですので、電波を発生させる場所の方向に向ける必要があります。

例えば関東圏だと、スカイツリーが地上波ディジタルの送信位置となります。

新築などの場合、アンテナを取り付ける位置を決めておき

その位置にテレビの電線を外壁から出しておくのをお勧めします。

マップサイト、地図などで、スカイツリーの位置を確認し

建物のどの位置にテレビの電線を出せば

アンテナにすぐ繋げられるかを

決めおくと、電線を外壁に長く露出させずに接続でき

見た目も綺麗になることでしょう。

また、将来ケーブルテレビを引きたいと思われる可能性を考えて

電柱がある側にも、電線を外壁から外に出しておくと良いかもしれません。

地方局の受信