電気の節約で電気料金を安くする!家電の容量を調べる方法


電気の節約をして電気料金を安くするために家電の電気容量を調べる方法

電気料金が高く節約をしたい方は多いかと思われますそのためにはまず

お使いの家電製品の電気容量を調べることが必要です

家電製品の容量を調べ組み合わせてバランスよく使うことにより

電力会社との契約容量を小さくさせることができます

家電製品の電気容量

家電製品には必ず電気容量があります

それはこの家電が電気をどのぐらい流して稼働しているのかというものです

消費電力という形で表示される場合が多いです

一般的なご家庭には様々な電化製品があります

では家電製品の電気容量、消費電力はどのように調べたらよいのでしょう

消費電力の記載箇所

名盤に記載

家電製品には必ずその製品のメーカー名や品番などが書かれている名盤というものがありますその中に電気容量も記載されています

記載されている多くは消費電力 ワット(W)で記載されています

大型の家電などではまれに (VA )などで記載されている場合もありますが

力率が含まれているかどうかの違いだけなので

ご家庭でご利用する家電では同じ意味だと思ってください

説明書に記載

家電製品には必ず説明書や仕様書などが付属されています

その中に記載されている消費電力の項目で確認できます

電力会社との契約では、電流値アンペア(A)で契約します

家電の表記の多くはワットで表示されているので

アンペアに変換し考える必要があります

電流の求め方

実際にワット(W)で表示される家電製品にはどれくらい

電流(A)が流れているのでしょうか

電流値の求め方

電流値の求め方は以下の方法計算式で求めることができます

W = V × A

A = W /  V

W は消費電力

A は電流

V は電圧

これらの式を使って例を挙げてみましょう

ご家庭で使われている電圧の多くは100V、200Vだと思われます

ここでは、100Vのコンセントにつながった

電子レンジの消費電力は1000ワット だとします。

そこに流れる電流値はいくつになるでしょうか

1000(W) =  A × 100(V)

1000(W) ÷ 100(V)= 10(A)

この電子レンジは10Aの電流が流れていることがわかります

電気の使いすぎで1番ブレーカーが落ちやすいのは夕飯の支度時です

ご家庭で夕飯時の家電利用を想定してどれぐらい電流を使っているのか例を挙げてみましょう

消費電力1000W の 電子レンジ    電流値 10 A

消費電力500W   の 炊飯器     電流値 5 A

消費電力1200 W の 洋室エアコン   電流値 12 A

消費電力1600 W の リビングエアコン 電流値 16 A

消費電力150 W の 冷蔵庫     電流値 1.5 A

消費電力1000 W の 湯沸器     電流値 10 A

合計電流値 54.5 Aとなります

もしこの時点で電力会社との契約が50Aアンペアの場合

契約容量の電流値を超えてしまうためブレーカーは落ちてしまいます

洋室のエアコンの 電気を落とすなどをし対応しなくてはなりません

簡単な計算

ご家庭の場合ほとんどの家電製品が100Vです

単純に考えるとゼロを2個消せば、そのまま電流値になります

200Vの家電なら、そのまた半分です

上手に選びバランスよく使う

電気を節約するためには家電製品の消費電力を把握することが大切です

バランスよく家電を使い同時に使用するのを避けましょう

節約にとって大切なのは、消費電力を意識してバランスよく使う事と

購入することです

頻繁にブレーカーが落ちてしまう場合は契約内容を見直し

電力会社に連絡しましょう

#ブレーカー #電流 #家電 #電気 #節約

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

    SINWA

           DENKI

    ​電気設備総合

    有限会社進和電気

    ​since 1982

    Shinwa erectrical construction.co.,ltd.

    ​千葉県千葉市若葉区御成台3-13-10

    • Facebook Social Icon