4K対応テレビにチューナーを設置!その前にHDMI の規格を確認 !?


4 K 対応テレビに別売4Kテレビチューナーを設置!その前にHDMI の規格を確認 !?

2018年12月1日に日本国内の衛星放送において新4K8K衛星放送がスタートします

以前より4K対応テレビなどをお持ちの方は別途4Kチューナーを設置することで

本来の性能を生かした高画質な衛星放送の映像を視聴することができます

4K対応テレビに内蔵されているチューナーは地上波デジタル放送用のチューナーと

衛星放送用のフルハイビジョンチューナーのため

新たに放送が開始される高画質な衛星放送映像を受信するためには

対応する新4K8K衛星放送対応のチューナーが必要になってきます

新4K8K衛星放送がスタートしたとしても

元々のフルハイビジョン衛星放送が終了するわけではないので

今まで通り衛星放送を楽しむことは可能です

しかし本来の4Kテレビの性能を最大限活かし高画質で視聴するには

新4K8K衛星放送に対応した4Kテレビ用チューナーを

別途購入する必要が出てきます

新たな衛星放送はフルハイビジョン放送より高画質で高い転送技術が必要になります

放送されるコンテンツはより高いクオリティのコンテンツとなるため

配信する側の著作権を保護する必要性があります

4 k 対応テレビや対応したチューナーには

それらに対応した技術が搭載されているかが重要になってきます

4Kチューナーを購入する際には すでにお持ちの4K対応テレビの HDMI端子が

規格に対応しているかどうかの確認をしておきましょう

現在繋がっているHDMIケーブルを確認し

チューナー購入と同時に新たなケーブルに交換するかを検討しましょう。

HDMIの雄と雌

繋がる端子の確認

新4K8K衛星放送に対応しているテレビ本体のHDMI 端子の規格

HDCP 2.2 著作権保護を目的とした規格

HDMI2.0 4K/60Hzよりきめ細やかな高画質動画を転送可能とする規格

繋ぐケーブルの確認

テレビ本体とチューナーを繋ぐHDMIケーブルの規格

HDMI2.0

HIGH SPEED (カテゴリー2)に対応した製品

よりきめ細やかな高画質動画を転送可能とする規格

これらは購入の際に付属されている説明書や仕様書に記載されてます

新しくご購入の際などは、仕様やスペックの詳細をよく確認しましょう。

古いテレビほど規格がまだ定まっていなかった

2013年冬以前に4K対応テレビを購入されたかたなどは

接続端子が対応していない可能性が特に高いため

現在お手持ちの4K対応テレビが HDMI 規格に対応しているかの

確認をされた方が良いでしょう

テレビ側の HDMI 端子規格が対応していない場合

4K対応テレビの商品の中には規格に対応していないものもいくつかあります

HDCP 1.4 HDMI 1.3 などの古い規格のテレビでは映像が映らない

または本来の高画質を視聴できないなどの可能性が出てきます

その場合4K対応テレビの中にある HDMI 用の基盤を交換する

必要がある場合もあります

メーカーによっては無償でシステムのアップデートや基盤の交換を

行ってくれる場合もあるので各製造メーカーに確認された方が良いでしょう

#視聴 #テレビ #衛生放送 #住宅 #家電 #4K

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

    SINWA

           DENKI

    ​電気設備総合

    有限会社進和電気

    ​since 1982

    Shinwa erectrical construction.co.,ltd.

    ​千葉県千葉市若葉区御成台3-13-10

    • Facebook Social Icon