ブレーカーが落ちる、電気が消える、切れるときの対処方法


ブレーカーが落ちる、電気が消える、切れるときの対処方法

ブレーカーが落ちる、電気が消える、切れるときの対処方法

生活をしていると突然ブレーカーが落ちる事ってありますよね

突然漏電してしまうと夜などは赤辺りが真っ暗になってしまい大変危険です

そんな場合慌てずにどのように対応すればよいのでしょうか

ブレーカーが落ちる主な原因

電気の一時的な使いすぎ

外の設備、エアコン室外機、井戸ポンプなどが漏電してしまっている

配線経路がネズミなどによりかじられて短絡ショートしている

壁に家具などを固定するためにビスを打った時に電線を落ち込んでしまった

コンセントの先に繋がれた機械や設備が漏電もしくは短絡している

ではどのように見なければ良いのでしょう

問題がどこにあるのかを調べることが大切です

HOME分電盤内のブレーカの種類

まず最初に必要なのはご家庭内の分電盤の中のブレーカーが落ちている箇所はどこなのかを確かめます

どのブレーカーが落ちているかを見極める

分電盤内では一番左の大きいのがリミッターブレーカー

その右隣の大きいのが漏電ブレーカー (小さなテストボタンが目印)

その右側にたくさんある小さいのは子ブレーカーです

ブレーカーが落ちる、電気が消える、切れるときの対処方法

ブレーカーの特徴

ご家庭の分電盤で使われている4種類のブレーカー

リミッターブレーカー

電力会社から支給される基本契約容量が記載されるブレーカーです

契約内容のによりブレーカーの最大容量は変わります 契約アンペア表記

近年ではスマートメーターの普及により電力会社のリミッターブレーカーがない場合も多くなってきています

電力会社と契約されている最大使用量を超えるとブレーカーは落ちます

漏電ブレーカー

主にご家庭内の電気設備から電気が漏れている場合にブレーカーが落ちます

リミッター機能があり設備の過電流保護の役割をします

子ブレーカー

各部屋や設備に短絡ショートがあった場合にブレーカーが落ちます

リミッター機能があり設備の過電流保護の役割をします