マキタの充電式掃除機はおすすめ!プロ仕様の性能とレビュー


マキタ充電式クリーナー

掃除機も日々進化を続けています。

どれを選べば良いのかとお悩みの方も多い中

今回は、業務用電動工具でおなじみのマキタから

雑誌やネット、口コミで評判の

マキタ充電式クリーナーを

紹介してみたいと思います。

いままで、ハンディ掃除機と聞くと

吸い込みが悪いイメージ有りませんか?

私は思っていました。

以前と今の掃除機

昔買った、車用の掃除機は、なかなか吸い込まず

電池もすぐ切れて、結局ほうきで掃いている始末でした。

吸い込まない・・・掃除機にとっては致命的です。

しかし、マキタの充電式クリーナーは違いました。

業務で使う掃除機には、かなりハードな吸い込みを

要求されます。木くずや、ボード片、ビスなど

しかし難なく吸い込みます。

ここまで進化したか と感心したものです。

近年の蓄電技術の向上が、この吸引力を支えているようです。

リチウムイオンバッテリー

1923年ごろから軍事利用されていた金属リチウムですが

今では、一般的な蓄電池として利用されています。

リチウムは元素として、金属の中でも一番軽く

ナトリウムより硬い性質を持っており

採掘場は南米と限られていて、レアメタルの一種です。

従来のニッケル水素系にくらべ、高出力

少ない放電、長寿命、小型、軽量と

良い事づくしです。

しいて言えば、採掘場の少なさから

埋蔵量が心配なところと、生産競争が少なく

単価が下がらないところ、が問題です。

又、従来の電池も含めてですが、取り扱いには注意が必要です。

電気を貯める技術は非常に難しく、まだまだ

大電流を留める技術とまでは、いきませんが

近年の電気自動車開発の発展にも、役立っています。

また、近頃 日本でテスラモータースから発売された

一般家庭用蓄電池などにも使われており

生産量、コスト面でも需要の伸びと共に

だんだん身近になってきているのも事実です。

仕様と使用感

掃除機の話に戻りましょう

この新型バッテリーの搭載は、ハンディー掃除機業界に革命

をもたらしています。

マキタ充電式クリーナーは

もともと業務用なので、特殊な能力はありません。

サイクロンして塵の細かな分離もしてくれません。

とにかく、ひた向きに、一途に吸い込みます。

もともとの工具としての直観的シンプルで使いやすい操作性と

集まったゴミの廃棄機能。