100V 200Vコンセントの違い!エアコン取付け前に確認!


100V200Vエアコンのコンセントの違いと幹線引き込み方式

エアコンの取り付けを依頼された時などに

コンセントの電圧が100Vなのか200Vなのかを

取り付ける業者さんから聞かれる場合などがあります

エアコンなどの機器を取り付ける際に

購入された設備の電圧とご自宅のコンセントの電圧があっているかの確認が必要です

ご自宅に現在ついているコンセントの電圧はどれくらいなのか

どこを見ることによって今取り付けされているコンセントは

100 V なのか200Vなのかを見分けることができるのでしょうか

専用コンセントの必要性に関してはこちらをご参照ください

エアコン取り付けるのに専用コンセントって必要!?

コンセント電圧の見分け方

コンセントの電圧を見分ける方法は三つあります

コンセントの形状で見分ける

住宅などに取り付けられているコンセントは流れる電流に合わせて

それにあったコンセントが取り付けられています

それは100Vの設備に対し200Vの電圧を流さないようにするためです

差し込みの形状の形が違うため差し込むことができないようになっています

・100Vコンセントの形状

正面から見て縦に二本の穴の形状があるものは100Vです

20アンペアまで流せるコンセントは片方の穴がL形になっています

コンセントの穴が三つある場合

縦棒の穴が目に例えると口のような形をしているのは

アースプラグ用の差し込みです

・200Vコンセントの形状

正面から見た時に横に2本並んで穴が開いているものは

200Vです

口のように開いている穴はアースプラグ用です

扉のようなものはアースターミナル端子です

分電盤の表示で調べる

分電盤の中にあるブレーカーには100V200Vと明記されているものがあります

分電盤に表示されている小さいブレーカーの名称での確認ができます

リビングエアコンコンセント200v などと書かれていれば

リビングのコンセントは200Vの電圧が流れているということです

200Vと書かれた赤色のシールが貼られている場合もあります

電圧計によって調べる

電圧計をお持ちでしたら電圧計をプラグに挿し

設置されているコンセントの電圧を調べることができます

200Vのコンセントが無いけど200Vの設備を取付けたい場合

住宅内に200Vのコンセントがない場合は

新たに200Vのコンセントを作らなければなりません

その際に今お住まいの住宅は200Vの電圧が流せる住宅なのかを

調べておく必要があります

築年数が経過している住宅ではもともと200Vのコンセントを

取り付けられない場合もあります

それは幹線の引き込み方式の違いによって 決まります

幹線引き込み方式の違い

200 V のコンセントの増設ができるかどうかの確認は

分電盤の中で一番太い線が2本線なのか3本線なのか

または外部に取り付けてある電力量計電力メーターに刺さっている電線の本数や

建物と電柱を結ぶ電線の本数で見分けることができます

この場合の電線の本数の調べ方は 外被で覆われた本数ではなく

内被の電線の本数で調べます

内被は赤白黒などの色分けがされています

内被=内側の被覆に巻かれた電線

被覆=物理的な電線の保護、絶縁体 (ゴムやビニールシース、ポリエチレン)

住宅で使われる幹線引き込み方式の種類

単相2線式

2本線の場合は建物自体100 V しか流すことができないので

分電盤の交換や引き込み幹線工事が別に必要になります

赤と白または黒と白の2本の電線で引き込まれ

各電線の電位差によって100 V の電圧を作り出すことができます

単相3線式

3本線の場合は分電盤の中のブレーカーを切り替えたり

新たな配線を入れることによって200 V のコンセントを作ることができます

赤と白または黒と白の2本の電線の電位差で100 Vの電圧を作り出し

赤と黒の2本の電線の電位差で200vの電圧を作ることができます

単2の住宅を単3に変更する工事

引き込み電線が単相2線式の場合に200Vのコンセントを取り付けるには

通常の専用回路配線工事のほかに主幹配線改修工事が必要となります

主幹配線改修工事

・幹線引き換え工事

建物引き込み位置からメータ、メータかた分電盤までの

電線の交換

・分電盤交換工事(主幹ブレーカ交換工事)

分電盤の単相3線式への交換、もしくは主幹ブレーカの交換工事

・電力会社申請

電力会社に設計図面など申請書類を作成提出し

電柱からの引き込み工事依頼をします

幹線引き換え工事

電力量計交換工事(メーター交換)

まとめ

エアコンなどの設備をご購入される前にご自宅のコンセントが

100Vであるか200Vであるかを先に調べておくことができます

200Vのエアコンを購入したは良いが自宅に200 V のコンセントがなく

幹線引き込み工事などの設備リフォームが必要になってしまっては

思いがけない予算がかかってしまう場合があるので事前に調べておきましょう

200Vの設備をご購入の際は先に調べておくと良いでしょう

100V200Vコンセントを見分けるには

コンセントの形状

分電盤の表示

電圧計による測定

200 V のコンセントがない場合は

現在お住まいの住宅が200 V のコンセントが作り出せるかどうかを確認する

単相2線式の場合は幹線引き込み改修工事が必要

単相3線式の場合はブレーカーの切り替えまたは新たに配線で増設が可能

#電気 #ブレーカー #設備 #コンセント #住宅

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

    SINWA

           DENKI

    ​電気設備総合

    有限会社進和電気

    ​since 1982

    Shinwa erectrical construction.co.,ltd.

    ​千葉県千葉市若葉区御成台3-13-10

    • Facebook Social Icon