新築なら新4K8K衛生放送に対応した受信設備工事を導入しよう!


新築なら新4K8K衛生放送に対応した受信対応設備を導入しよう!

新築なら新4K8K衛生放送に対応した

受信対応設備を導入しよう!

現在新築リフォームをお考えなら、新しく放送が始まる新4K8K衛生放送に対応した

受信設備を導入しておきましょう。

新4K8K衛星放送が2018年12月1日にスタートします

これに先駆け現在新築工事やリフォーム工事をお考えの方は対応した設備

を住宅に入れておくことをお勧めします

なぜなら新築などでは新しいテレビを新居に置くこともあるかと思われます

せっかく新しく新4K8Kテレビを買っても

住宅の壁などに敷設されるケーブルや設備などによっては

新4K8K衛星放送ご視聴できない可能性が出てきてしまいます

後で設備を入れ変えようとするには住宅内の壁をはがしたり

壁紙を張り替えたりしなくてはなりません

そこにはリフォームなどの余計な経費がかかってしまいます

現在建築中や購入をお考え中の方は以下の設備が敷設されているかどうかの

確認をされた方がよいでしょう

そもそも4K8Kテレビとは何?と思いの方はこちらをご参照ください

4K8 K テレビって何?2018年放送開始!従来のテレビとの性能の違いとは?

新築なら新4K8K衛生放送に対応した受信対応設備を導入しよう!

新4K8K衛生放送に対応した設備

衛生放送用アンテナ

BS 110度 CS右左旋偏波受信アンテナ

有効口径60 CM 以下のパラボラアンテナ

建物外部へ取り付けられる

SHマーク品

電線ケーブル

S5CFB以上の性能を有する物

シールド性能が高くケーブルからの電波漏洩、干渉を防ぎます

ブースター

32から3204 MHzを増幅する設備

受信環境により電波が少ない場所に取り付けられる設備