4Kテレビって何?地デジはどう映る?2018年放送!映像技術の比較


4K8 K テレビって何?2018年放送開始!

従来のテレビとの性能の違いとは?

2018年ついに新4K8K衛星放送が始まります

それに伴い4Kテレビを購入されるのを検討されている方も多いと思われます

本放送の始まりにより各社メーカーから様々な4Kテレビをラインナップ

されてきています

では従来のテレビと4Kテレビの性能の違いとはいったい何なのでしょうか

より美しく、リアリティが高まる技術

従来の2Kフルハイビジョンテレビと4Kテレビの違いは

より美しい映像の表現力です

これは技術面の向上によりテレビの解像度が増し

より自然で美しい映像を楽しむことができます

画面の解像度の向上を支える技術面での性能の違いは

大きく分けて以下のようになります

向上した性能

画素数

画像を表現する ドット数 ピクセル数

ダイナミックレンジ

明るさ暗さの表現  

色域の広域化

色の表現力

フレームレート

滑らかな映像

きめ細かな画素数

今までフルハイビジョンテレビと言われていたものは2Kテレビです

4Kテレビは今までの2Kテレビ以上の画素数で表現されます

従来の2Kテレビの画素数

207万画素

4Kテレビの画素数

829万画素

8 K テレビの画素数

3318万画素

簡単に例えると従来は207万の「点」の集合体で画面を表現していたものが

4型テレビではは829万もの点の集合体で映像が表現されます

従来の2Kテレビの画素数の大きなテレビでは

近くで見ると粗さが目立っていた場合でも

4K8Kテレビではより多くの画素数となるで

今までより大きな画面を購入し近くで見ても

鮮明にテレビを視聴することができます

ダイナミックレンジ

明るさと暗さの幅と色の表現力の幅が広がるのでよりリアルに近い映像をモニターに映すことができます

明るい所から暗い所への表現段階数が増え、なめらかに映し出されます

画面の中の明るい部分と暗い部分のメリハリがはっきりとし自然に近い明暗を表現します

深い森のこもれびや 夜間の街路灯の表現などより美しさが際立ちます

今まで以上の色域

従来のテレビ以上の色の表現力の幅が広がり表示される色の幅が広がります

約60倍の多階調表現が可能となり色と色とのグラデーションがより細かく表現され

花畑の景色などでは花びら一枚一枚の色の違いや

先端から茎にかけての色の変化を細かく表現し

実際に見える色により近くなります

滑らかなフレームレート

1秒間に最大約120コマの静止画像の連続で動画が表示され

動きのある放送も滑らかでより自然に近い映像を楽しむことができます

画面いっぱいに舞い散る花吹雪やスポーツなどのスピード感のある映像も

より滑らかに表現され臨場感が高まります

地上波ディジタル放送もより美しく

4Kテレビは衛星放送で放送される4K放送を出力することができますが

通常の地上波デジタル放送も内蔵チューナーで映像に映し出すことができます

衛星放送を見ない人でも従来のテレビの4倍以上の画素数を誇る4型テレビでは

より鮮明で美しい映像を見ることができ

地上波デジタル放送で放送されているNHKや民放などの一般的な放送も

今までより美しく視聴することができます

テレビに接続されるDVD やブルーレイと言った映像も

それぞれの機器にアップコンバータが搭載されていれば

今まで以上の美しい映像で見ることができます

#4K #テレビ #アンテナ #視聴 #住宅

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

    SINWA

           DENKI

    ​電気設備総合

    有限会社進和電気

    ​since 1982

    Shinwa erectrical construction.co.,ltd.

    ​千葉県千葉市若葉区御成台3-13-10

    • Facebook Social Icon