ブロックチェーン?未来社会の根幹となる技術!?その意味とは?


ブロックチェーン?未来社会の根幹となる技術!?

その意味とは?

日々実用化されていく新たなテクノロジー

今まさにテクノロジー革命の時代と言えます

ビジネス界の情勢の変化に対応するばかりか

新たな需要を生み出し急速に進化させています

そんな経済活動に多大な革命を起こし始めている

ブロックチェーンについて書いていきます

情報を企業と企業をまたいで取引する時

今までの方法では処理に多くの人や時間を費やし

システム作りにも多大なコストがかかっていました

今まで省くことのできなかった取引の正当性を確認するという作業

取引を認証するには限界があります

そこで近年注目されているのがブロックチェーンという新たなテクノロジーです

今までの取引における認証

会社員が事務作業などに使うボールペンを一つ100円購入したとします

購入者は領収書を保管し、それを経理部に渡し

担当者は台帳に記録し保管します

国から認定を受けた資格者税理士、会計士がその台帳の認証をし

税務署などの機関に提出して取引が公然たる事実として認証し記録されます

これらは購入の時だけの場合であり

販売者でも同じように台帳の記録と認証が必要となります

また時として販売者は仕入れの際に購入者となり

多大な労力と流動的なシステムが必要となります

ブロックチェーンによる取引における認証

世界中で行われる取引のほとんどは書面を使った取引が主流となっています

これには様々な人やシステムを経由し 取引におけるコストロスを生み出しています

ブロックチェーンはデジタル上で台帳を分散管理して

保管され継続的な効率化を実現してくれます

これからの取引に使われるブロックチェーンについて説明します。

ブロックチェーンテクノロジー

仮想通貨の核となる技術として2008年にブロックチェーンは誕生し

仮想通貨の取引ではこのブロックチェーンの中で日々膨大な取引が行われています

今までデータの改ざんが発生していない点から

ブロックチェーンに注目が集まっています

ブロックチェーンは資産、取引情報をネットワークで分散して保持し

それを共有しプロセスの効率を向上させることができます

それは仮想通貨での利用だけではなく

世界中にある様々な取引に利用でき

既存取引の概念を塗り替える可能性を秘めています

様々な業種業界ビジネス上での課題にこのブロックチェーンは使用することができ

インターネットが生まれた時 

IT革命というものがありましたが

このブロックチェーンは取引に革命を世界にもたらすとも言われています

トランザクション

トランザクションは取引における処理を指しており

それをブロックという形式でパッケージ化され

ブロックチェーンに記録されていきます

ブロックに一つ前のブロックの関連性を記憶させることによって

ブロック同士をつなげていきます

そしてこの動作を永遠と繰り返していきます

この様子からブロックチェーンと名付けられました

ブロックチェーンではデータの一部を改ざんすると

チェーンに不整合ができてしまうため

改ざんができないようになっており

またトランザクションはブロックに登録された時点で

全ての参加者のデジタル台帳に分散して保存され

すべての利用者の共通の事実と認識されるようになります

これらをP2P(ピアツーピア)方式と呼び「分散型取引台帳」とも呼ばれています。

オープンソースのテクノロジー

ブロックチェーンは中央集権型ではなく分散台帳です

データをサーバーや単一システム

企業や国家などのシステムに保存するのではなく

ビジネスネットワーク上に参加するすべてのコンピューターに

接続された台帳で共有同期し

仮にどれか一つのコンピューターのデータが壊れても

他のコンピューターが同じコピーを持っているため

失われることがなく高い継続性があります

また 銀行のような特定の管理機関がないため

権限が一箇所に集中することはありません

これはシステムを管理する者による改ざんや不正などを防ぎます

利用者同士でシステムを管理する

不正が許されないような環境において手続処理が自動的に実行されていきます

誤った情報が混ざったとしても共有された台帳は

全体の合意によって正確性が保証され

即座に検出することができます

これにより改ざんや不正な取引のリスクが大幅に低減されます

取引における信頼性

全く信頼関係のない相手と取引することができ

第三機関による取引の検証が必要ではなくなり

参加者同士が直接取引を行うことを可能にしてくれます

ライバル同士の企業などでも公平な取引を行うことができます

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは契約の自動化を意味しています

契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることができます

仮想通貨だけにとどまらず契約における

モノやサービスほとんどのものを

ブロックチェーン上に記憶させることができます

これはネットワーク上で保管処理を完全にデジタル化することができ

不正な契約がないことを保証され

他者を介すことなく確実に契約できます

全くの他人同士の完全なる取引を行うことを可能とし

既存の取引を刷新するテクノロジーと言えるでしょう

スマートコントラクト機能を搭載したイーサリアムのような仮想通貨では

決済取引と契約を公然たる事実として同時に実行することができます

テクノロジーで進化する社会

個人の能力が求められる時代

全ての契約認証がブロックチェーン上で行われるようになると

信頼のある国や企業を経由せず個人間の取引サービスの提供が可能となり

経済活動の仕組みそのものが根底から変わるような社会が訪れます

人々は第三機関を頼らずブロックチェーンであらゆる取引を完結し

それは個人の能力が直接 経済活動へと結びつきサービス提供者の利益となります

ブロックチェーンがまだ普及してない現在でも先駆けて

様々な企業が人とサービスを結ぶ需要を満たすために

新たなサービスの取り組みを行っています

拡大するマッチングサービス

同乗者を探すアプリケーション

自動車を運転することができる人がいるとします

これから車で駅まで向かうとすると 車1台に対し

搭乗者が一人で運転するのは効率が悪いと思うでしょう

そこで携帯のアプリケーションで駅に向かいたい近所の人を募り

待ち合わせ場所でピックアップして駅まで一緒に乗せて運転することができます

それは全くの他人であったとしても

アプリケーションを運営する企業が運転者、同乗者を認証し

サービスとそれに対する対価の取引を完結させます

海外ではこのようなアプリケーションが日常的に使われています

もちろん運営する企業は手数料を利益としています

配送サービスをマッチングするアプリケーション

郊外から都内まで通勤している人がいます

仕事が終われば当然帰宅することでしょう

その途中アプリケーションを開き

アプリケーションに登録されたケーキを生産する店舗から

ケーキを受け取り

地元の駅前にあるレストランに納品することができます

通勤はほぼ毎日行われるため

ピックアップして納品するを繰り返すだけでも

仕事として成り立ち個人の利益となります

様々なマッチングサービス

有名なサービスでは

ランサーズやココナラなどの個人サービスの能力を

マッチングするサービスが急速に登録者を伸ばしています

他にも地域の告知や、フリーマーケット、一緒に焼肉を食べてくれる人探しなど

あらゆるカテゴリーの分野で拡大しています

フェアトレード

上に挙げたアプリケーションは安全と信頼の元に

第三機関のアプリケーションを運営している企業が認証を行なっており

提供する企業に手数料を支払っています

しかしブロックチェーンは このようなサービスも個々の取引として認証させることができます

サービス提供者は企業を介さないため利用者から純粋な利益を得ることができ

これは完全なるフェアトレードとなり提供者と利用者双方の利益となります

もしかしたら近い将来ブラジルでコーヒー豆を栽培している生産者から安心して

直接 コーヒー豆を購入することができる日が来るかもしれません

リヴァイアサン

公明正大である社会

SNSで有名なFACEBOOKなどは、実名で登録されます。

それは、人々のコミニュティがオープンでありリアルとデジタルの空間が同期し

互いに公明正大である事を意味しています。

ブロックチェーンとマイナンバー、SNSが組み合わされば、より

リアルとデジタルのコミュニティはシンクロし

より人と人の認証は強固なものとなります

ネット上は匿名であるという概念は変化していくかもしれません

参加者全員に認証された安全な社会と受けとるか

参加者全員に認証される不自由な社会と受けとるかは

個人の意識によって相対します。

人は探さないAIが探す

利用者、提供者、双方の条件にあったサービス

条件を探す事は、ここにもたくさんの労力を費やします

AIは希望の条件を口頭で伝えると

最高の相手をピックアップしてくれるでしょう

検索エンジンで、記事やサイトを探すように

人とサービスのマッチングは大手検索サイトなどで

無料で提供される日がくるかもしれません

ピックアップされるために上位を目指すとなると

AI巡回ボットに愛され、選ばれる必要がでてくるでしょう

提供するサービスの実績と努力、能力はもちろんのこと

人柄、支持者の数やレビュー、マーケティング、ブランディングなど

また個人でも多少の広告料が必要になるかもしれません

これからの企業の形

個人の能力が求められる時代へと変化すると 企業の信頼と言う価値が

薄まっていく可能性が出てきます

その中でこれからの企業の形というものが求められてきます

かつてヨーロッパでインド貿易が行われた際に初めて会社の概念が生まれました

その時のような理念体系組織に回帰していくのかも知れません

それは個人の経済活動を優先する、同じ志を持った人々の集まりで構成する団体であり

ギルドや組合、SNSサークル、マッチングプラットフォームといった意味合いが強くなるのではのでしょうか

雇用賃金においても裁量性の範囲の拡大、副業推奨など

法整備を含め時代とともに変化する兆しが見えてきています

#テクノロジー #IT #プログラム

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

    SINWA

           DENKI

    ​電気設備総合

    有限会社進和電気

    ​since 1982

    Shinwa erectrical construction.co.,ltd.

    ​千葉県千葉市若葉区御成台3-13-10

    • Facebook Social Icon