ブロックチェーン?未来社会の根幹となる技術!?その意味とは?


ブロックチェーン?未来社会の根幹となる技術!?

その意味とは?

日々実用化されていく新たなテクノロジー

今まさにテクノロジー革命の時代と言えます

ビジネス界の情勢の変化に対応するばかりか

新たな需要を生み出し急速に進化させています

そんな経済活動に多大な革命を起こし始めている

ブロックチェーンについて書いていきます

情報を企業と企業をまたいで取引する時

今までの方法では処理に多くの人や時間を費やし

システム作りにも多大なコストがかかっていました

今まで省くことのできなかった取引の正当性を確認するという作業

取引を認証するには限界があります

そこで近年注目されているのがブロックチェーンという新たなテクノロジーです

今までの取引における認証

会社員が事務作業などに使うボールペンを一つ100円購入したとします

購入者は領収書を保管し、それを経理部に渡し

担当者は台帳に記録し保管します

国から認定を受けた資格者税理士、会計士がその台帳の認証をし

税務署などの機関に提出して取引が公然たる事実として認証し記録されます

これらは購入の時だけの場合であり

販売者でも同じように台帳の記録と認証が必要となります

また時として販売者は仕入れの際に購入者となり

多大な労力と流動的なシステムが必要となります

ブロックチェーンによる取引における認証

世界中で行われる取引のほとんどは書面を使った取引が主流となっています

これには様々な人やシステムを経由し 取引におけるコストロスを生み出しています

ブロックチェーンはデジタル上で台帳を分散管理して

保管され継続的な効率化を実現してくれます

これからの取引に使われるブロックチェーンについて説明します。

ブロックチェーンテクノロジー

仮想通貨の核となる技術として2008年にブロックチェーンは誕生し

仮想通貨の取引ではこのブロックチェーンの中で日々膨大な取引が行われています

今までデータの改ざんが発生していない点から

ブロックチェーンに注目が集まっています

ブロックチェーンは資産、取引情報をネットワークで分散して保持し

それを共有しプロセスの効率を向上させることができます

それは仮想通貨での利用だけではなく

世界中にある様々な取引に利用でき

既存取引の概念を塗り替える可能性を秘めています

様々な業種業界ビジネス上での課題にこのブロックチェーンは使用することができ