4K対応テレビと4Kテレビの違いと8K


4K8Kテレビの今後

4K対応テレビと4Kテレビの違い

4K対応?4Kなんだかまぎらわしい表現で困ってしまいます

既にお手持ちのテレビはどちらなのか

2018年12月1日に放送開始される新4K8K衛生放送はみれるのか

と思ってしまいます。

でも4K対応テレビと4Kテレビの違いは単純なんです。

実は4K画質用チューナーが入っているか

いないかの違いなんです。

チューナーが入ってない!?

って思われるかもしれません

4K対応テレビは4Kの画像を

処理(デコード)するチューナーが

入っていない為に4K画質の放送を

モニターに送れないのです。

試験放送がおわり

本施行となりますが

これから始まる放送に新4K放送に対応したテレビ、チューナーが必要

となります

4K対応テレビと4Kテレビの構成の違い

4K対応テレビ

4K対応テレビは、モニターの部分が

4K画質に対応しています

外部入力されたDVDやストリーミングなどの

映像をモニターに4K画質で出力します。

一般の放送を見るために

地上波ディジタル放送用2K

チューナが内臓されています

衛生放送ようにフルハイビジョン衛生チューナーが

搭載されています。

地上波ディジタル放送は2K放送であり

フルハイビジョン衛生チューナーも2Kです