光で照明を選ぶ!光が心に与える影響!


LED照明の種類

LED照明と言っても様々な種類があります。

大きさや、色、形 様々な種類があって

迷ってしまいます。

多くの方は形、デザインで選ばれるの事が多いかも知れません

そんな中でも今回は、あまり知られていない

光色でのLED照明の違い、特徴や用途をご紹介致します。

光色

LEDの技術は、数年前の日本人科学者のおかげで

青色発光ダイオードが開発されました。

そのおかげで、光の三原色はそろい

LEDの色は、何色にでも変化できます。

生活の中で使われている電球の色は

従来の白熱電球、蛍光灯の色を各社それぞれ

違和感のない馴染みのある色合いを再現しています。

一般的に販売され使われているLED電球の光色では

電球色、昼白色が多く使われています。

光色の違いによる効果

生活、特に住宅内で使われる電球においては

汎用性が求められており。

以下のような効果があります。

電球色

・温かみの演出

・副交換神経への影響 リラックス

・食材を美しく見せる

・白い壁との相対

・火の光の印象

・光の集中

昼白色

・自然な色見

・交換神経への影響 興奮

・目が疲れにくい

・汎用性が高い

・日の光印象

・光の拡散

光による心への影響

人間は感覚器官、五感の内、視覚による影響を

90%以上受けています。

光は様々な物質に反射し、目に入り脳へと伝わります。

又、反射率の違いにより様々な色を脳は認識します。

黒は光を反射しない物質、吸収する物質、と言うことです。

ある国では、日照時間の短い日が続くと

心療科を訪れる患者数が増えると言うデータ

も出ています。

又、心療内科などでは、紫外線の光が持つ

人の心への影響を用いて、治療などにも役立てています。

色の使い分け

光には様々な効果があります。

では、どの様な場面で使いわければ良いのでしょうか。

電球色

リラックスしたい場所 演出したい場所など

に使われます。